◇◇◇


昼の賑わう時間を過ぎたおにぎり屋は、静かな店内に客を一人残していた。



中年の男性客は、カウンターテーブルに向かい、

タラコと梅のおにぎりを頬張り、豚汁をズズズと啜った。



全てを胃袋に収めると、彼は壁掛け時計を見た。



「あ〜 仕事の時間だ。
戻りたくねぇな…」



そうぼやく男性客に、おにぎり屋店主の梢は、一喝入れた。



「愚痴言ってないで、一生懸命働きな。

仕事があるのは、ありがたい事だよ」



「分かってるけどさー、
母さーん、愚痴くらい言わせてくれよ」




母さんと呼びかけるが、客は梢の息子ではない。


彼を含め、おにぎり屋の常連は、ここのおにぎりと同じくらい梢を気に入っている。



何度も来店し、他愛ない話しをする内に、

「母さん」「ばあちゃん」
自然とそんな呼び名に変わるのだ。



この作品のキーワード
年の差  大人  年上  警察  刑事  結婚  事件  感動  シリアス  スリル 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。