◇◇◇


黒飴覚醒剤事件から三日後。

小泉は札幌駅から少し離れた場所にある、とある商業ビルに向かっていた。



気になることがあった。

覚醒剤所持容疑で逮捕された、高須文也の自宅アパートに、

二度目の家宅捜索が行われた時の話しだ。



自宅から覚醒剤は見つからなかったが、

500万円もの大金が、冷凍庫内のアイスクリームの箱から見つかった。



なぜ専門学校生の高須が、
そんな大金を持っているのか…


その理由は小泉が考えていた通り、

彼に金を渡し、覚醒剤の買い付けをさせている奴が背後にいるからだ。



高須の周辺を探り、学校、アルバイト先、数少ない友人…

彼と繋がりがある場所は、今捜査4課が当たっている。



小泉は別の物に目を付けた。

高須の財布の中から、ノートを破ったような紙片が見つかった。



4課の刑事が捨てそうになったそれを、小泉は手に取った。


ボロボロになったゴミのような紙片には、

『4、5、新、人』

と消えそうなシャープペンシルの文字で書かれていた。



この作品のキーワード
年の差  大人  年上  警察  刑事  結婚  事件  感動  シリアス  スリル 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。