「行って来ま~す!」

「行ってらっしゃい!
気をつけてね!」



家の前で手を振る母親は、髪もぼさぼさでまだずいぶんと眠そうな顔だ。
そんなことは気にも留めず、息子は笑顔で応える。
僕の右手には小さな手が繋がれて、歩調に合わせてそれが上下に動く。
幼稚園バスの停留所まではほんの数分。



「今日も良い天気だな。」

「うん、洗濯日和だね。」

そんな言葉、一体どこで覚えたのか……
僕は、込み上げる笑いを噛み殺した。



「あ、翔くーん!」

「小太郎くん、おはよう~!」

子供達は、大きな声で挨拶を交わす。



「おはようございます。」

「あ、堤さん、おはようございます!」

すでにそこには、同じように大人に手を引かれた子供達が集まっていた。



「あ、バス来た!」


奥さん達とのおしゃべりは苦手だから、僕はいつもギリギリにそこへ向かう。
今日も抜群のタイミングだ。
バスが着くと、子供たちは慣れた様子でそれに乗り込む。



「いってらっしゃい!」

皆でお見送りをしてから、僕は早足で今来た道を戻って行く。
いかにも忙しそうなふりをしながら……

この作品のキーワード
トラウマ  転機  アラフォー  復活  地味  切ない  誤解  ピュア  大人の恋  じれじれ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。