「小太郎…ママは帰って来たんじゃないのか?」

「うん、ママはおばちゃんとお話があるから、DVDでも見ときなさいって。」



小太郎はお気に入りのゴーヤーマンを見ながら、僕にそう教えてくれた。



ずいぶん眠っていたせいか、少し気分が良くなっていた。
なっちゃんに簡単なものなら作ってやれそうな気がして、部屋を出たら、リビングのテレビの前に小太郎の姿があった。



「そっか…
じゃあ、ママのごはんもおばちゃんが作ってくれたんだな?」

「うん、今日は二人で食べるんだって。」


小太郎は、テレビから目を離さずそう言った。
小さな子供はテレビを見ながら返事はなかなか出来ないのに、小太郎はすごいと、なっちゃんがよく言うけど、本当にそうだ。



なっちゃんのごはんも心配なさそうだし、今は降りていかない方が良さそうだ。
少しお腹はすいてるけれど、もうしばらく我慢するしかない。



(それにしても、何の話をしているんだろう?
一緒にごはんを食べるなんて、仲良くなったってことなのかな?)



緑色でぶつぶつのヒーローが悪者をやっつける様を、ぼんやりと見ているうちに、下で物音がした。
どうやら、篠宮さんが帰るみたいだ。



「じゃあ、また明日ね!」


なっちゃんのそんな声が聞こえたので、僕は下へ降りていった。



この作品のキーワード
トラウマ  転機  アラフォー  復活  地味  切ない  誤解  ピュア  大人の恋  じれじれ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。