「はい。」

「こ、こんにちは、篠宮です。」

「篠宮さん?」



ドアを開けて下さった堤さんは、えらく驚かれてる様子だった。



「すみません。
いきなり来てしまって……
で、やっぱりご連絡をしなきゃって思って、メールはここで打ったんです。」

「そうだったんですか。
寒かったでしょう?さぁ、どうぞ。」

「あ、ありがとうございます。」

私は、どこかほっとして家にあげてもらった。



「今、お茶を淹れますね。」



様子を見ている限り、特に変わった様子はないけれど、無理をしてらっしゃるんだろうか?
私はテレビを見るふりをしながら、ちらちらと堤さんの様子をうかがった。



ついさっき、夏美さんから電話があった。
今日から、夏美さんは小太郎ちゃんを連れて、亮介さんの家にお泊りとのこと。
そのせいで、堤さんはひどく落ち込まれていて心配だから、出来るだけ長い間、一緒にいてやってほしいとのことだった。
だから、すぐに駆けつけて来たのだけど、今のところ、それほど変わった様子は見受けられない。



「お正月はいかがでしたか?
ゆっくり出来ましたか?」

「え…えぇ。まぁ……
あ、そういえば、堤さんはおせちなんか作られたんですか?」

「作ってみたかったんですけど……
亮介さんがおせちを予約してくれてたんで、作れませんでした。」

「そうですか。
それは残念ですね。」



少し話してみても、堤さんはいつもと変わりないように思えた。



(でも……)



以前にも、突然、感情が噴き出したことがあった。
だから、いつもと変わりないように見えても、それがすべてではないのかもしれない。



「堤さん、買い物に行きませんか?
またお料理を教えていただきながら、夕食を食べたいんですが……」

「それが……今日はなっちゃんも小太郎もいないんです。
ですから、外の方が……」

「いえ…そんなことは構いません。
今日はじっくりとお話したいこともあるんです。」

私にしては意外な程強引な言葉だった。
あのことを話すということも、まだ決心出来てなかったはずなのに、私は無意識にそんなことを口にしていた。



この作品のキーワード
トラウマ  転機  アラフォー  復活  地味  切ない  誤解  ピュア  大人の恋  じれじれ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。