今日は日曜日でよかった…
学校に行くと友喜と顔を合わせないといけなくなるし

布団の中でボーッとしてると

携帯のバイブが鳴り出した。見ると友喜の名前が出てる

どうしよう…
このままずっと無視する訳にもいかず
おそるおそる電話に出た

「もしもし」

「こまち…俺…」

「うん…」

「少し話があるんだけどいいかな?」

やっぱり昨日の話しだよね
すごく怖いしドキドキする

「直接会って、話しが聞きたいんだけど」

「そうだね。お昼から俺んち仕事で誰もいないから家においで」

「わかった…」

この作品のキーワード
幼馴染み  学園