ある日、隣りの空き家に引っ越してきた家族。
挨拶まわりで両親に連れられてやって来た男の子は、
ちょうど私と同い年だった。


「私、小田春夏です。よろしくね」


「…大木…雅也です」


転勤族の為、友達を作っても直ぐにお別れすることが多く、
雅也は物心ついた頃から、別れが寂しくなるから…と
親しい友達を作る事を避けるようになっていたらしい。



…でも、私は…そんな雅也の気持ちも知らず、
友達になりたくて、幼稚園でも、家に居ても、
やたらと雅也にちょっかい出していた。



その甲斐あって(?)か、徐々に雅也も心を開いてくれて
立派な‘幼馴染’に。



そして、月日は流れ お互いを意識するようになり
小学6年生になった頃、私達は……



「雅也のコト…好きだよ」


「…えっと…オレも」




ずっと変わらず、このまま二人は一緒に居られると思ってた。





この作品のキーワード
秘密  同級生  芸能人  身分差  結婚  プロポーズ  アラサー  出産  オフィスラブ  シンデレラ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。