…雅也から渡された連絡先が記された資料をシュレッダーにかける。




連絡…取ってみた方がいいのかな…




ただ、雅也が連絡先を私に教えた時、マネージャーさんが頻りに止めていたのが気になる。
『規定違反』だとか言ってたっけ…




「春夏先輩~♪ ナマ雅也はどうでしたぁ?」


「ん~?」


「カッコ良かったでしょ?! いいいなぁ~一緒に仕事が出来て。
 これから、ちょくちょく会えるんだぁ~羨ましい」


「何言ってるのよ。仕事上の付き合いじゃない」

「…だとしても。仕事を理由にバンバン会えるし、お近づきになれるじゃないですかぁ」



「ふふっ。何よそれ…(笑)」


「芸能関係者と知り合いになれるチャンスなんて、そうめったに無いですからねぇ。
 知り合いの知り合いを紹介してもらえたりとか~」


「やめなさいよ。そんなミーハーなら、今回の仕事下ろすわよ?!
 手伝ってもらおうと思ってたけど…」


「え~ホントですかあぁ? すいません! ミーハーでヲタは隠します!
 だから、春夏先輩~♡」


「…分かったわよ」

「やったー」

この作品のキーワード
秘密  同級生  芸能人  身分差  結婚  プロポーズ  アラサー  出産  オフィスラブ  シンデレラ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。