・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雅也と会う約束をしたからか、私は早々と仕事を片付けている。


「小田…。今夜空いてるか?」

「すいません。今日は予定があります」
部長の誘いを速攻で断る。


「春夏先輩、私達と女子会行きません?」

「…ごめんね。今夜は先約があって…次、行くから」
後輩たちの誘いも断った…




そして、足早にロビーを通過し、帰宅する道とは逆方向へ歩き、裏路地へ入る。


既に黒塗りの高級車が停まっていた。
真っ直ぐに近づいて行くと、車のドアが開く。



「…あの…」
開かれたドアから中を覗き込む。

「後部座席で悪い…乗って」
運転して来たのは、雅也本人だった。



「あ…うん」
雅也に言われるまま、私は後部座席へ乗り込む。

あっという間にドアは閉められ、車は静かに走り出す。


「…撮られるかもしれないから、助手席は誰も乗せられないんだ」



…そんな細部まで注意を払わなきゃいないんだ…ホント大変なんだぁ…


「…今まで付き合った‘カノジョ’とかっていたでしょ?
 公になったコト、無いの?」

この作品のキーワード
秘密  同級生  芸能人  身分差  結婚  プロポーズ  アラサー  出産  オフィスラブ  シンデレラ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。