呼吸を整えベッドに横になる雅也に、謝る事しかできない。


「…ごめん。雅也に坪井さんを裏切らせちゃった…」


「春夏が謝る事ない」


「でも、一番信頼できる人を…」

雅也は唇を重ねるとチュッと音を立てた。


「…坪井さん、言ってただろ。
 
 オレにとって春夏は必要なヒトだ…って」


「…そういえば昼間…」



「オレと春夏の関係も極秘だ…とも」

「…言ってたね」




「坪井さんは、こうなる事わかってたんだよ」


「え?」


「全部、読まれてんの。坪井さんには」


「えぇ~?!」

この作品のキーワード
秘密  同級生  芸能人  身分差  結婚  プロポーズ  アラサー  出産  オフィスラブ  シンデレラ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。