学生時代に体操でオリンピック選手にもなろうとしていた彼だったが、予選の日にアキレスけんを断裂してしまい選手生命を絶たれてしまった。

その後、時は流れて、知り合いのスポーツジムのトレーナーとして実力を発揮する。

オーナーの遺言から、スポーツジムの新しいオーナーとしてスタートをきるが、気が付けばスポーツジムは借金まみれになっていて返済期限はあと2週間にせまっていた。


途方にくれた彼=主人公の名は樋川幸鷹(ひかわゆきたか)

年齢も30までに1年をきってしまった男。


もうどういった金策もできない状況で、自殺するか破産するかを悩んでいるときに、偶然繁華街で助けた少女に大金をもらうことになる。


彼女は大学に入ったばかりの学生なのに、どうしてこんな金持ちなんだ!
ひょんな2人が出会ったとき、妙な運命は動き出した。

この作品のキーワード
アスリート  小説家  らぶらぶ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。