結局、何も手につかないまま、夜が明けた。ベッドの上で、ぼんやりと壁を見つめ続ける。


突然の無気力に襲われて、光恵はあの後すぐに、アパートへ帰った。


孝志の行動がわからない。
ゆうみと親しいのなら、かつて思いを寄せた女性に、安易にキスしてはいけない。


小デブの孝志なら、そんなことしない。
いや、できないはず。


彼はもう、あの孝志じゃないのだ。


裏切られたような気持ち。
ゆうみに対する、恥ずかしいほどの嫉妬。

そして口惜しいけれど、
彼の唇が近づいたときの、のぼせ上がるような高揚感。


光恵は、自分のなかにある様々な感情を、どうにか理解しようとしていた。


「なんでこんなことになっちゃったかな……」
光恵は溜息とともに、そうつぶやいた。