ミツのいない稽古場はつまらない。


舞台はできあがりつつある。でも正直ぴんときていない自分がいた。うまくまとまっているけれど、なんていうか、突き抜ける部分がない。「おもしろかったね」と劇場を後にするけれど、三日後には話題にも上らない。そんな作品になってしまっているんじゃないだろうか。


光恵の本を読んだ時、胸がときめいた。登場人物たちが、笑い、泣き、喧嘩して、仲直りして、人の感情に疎かった主人公が、徐々に周囲の人たちの心に興味を持ち始める。幕があがる前の男と、幕が下りた後の男は、似ているけれど違う人物。自分は演じきれているんだろうか。


孝志は稽古場の壁にもたれて、脚本をもう一度読み込んだ。また違った何かを見つけられるかもしれない。


「おい、昼にしよう」
三池がみんなに声をかけた。


今日は出前のお弁当が届いている。段ボール箱に入っているお弁当を手に取って、劇団員達のおおきな輪の中に加わった。


斜め前に輝の姿があった。


無視する。
断固無視。


それでも輝が、孝志に威嚇のオーラを送っているのが、ひしひしと感じられた。


随分あからさまに感情を見せるんだな、あいつ。


ゆうみが隣に座って、興味深そうな顔をを向けて来た。孝志は肩をすくめて見せた。ここは大人の貫禄を見せつけてやらないと。