「あいつ、随分変わったな」
役者の一人が、言った。


稽古が始まって一週間弱。シーンごとの景色が見え始めた。光恵は手直しに追われる毎日だった。今回はバイトと掛け持ちしているので(稽古場から逃げる口実が欲しいから、というのは自分でも分かってる)、睡眠を削られ、へとへとだ。


孝志は確かに以前とは随分変わった。落ち着きが出て、自信が垣間見える。舞台を降りても、まだ舞台に立っているかのような、輝き。


「話すと、前とは変わんないようにも思うんだけどな」
「いやあ、変わったよ。やっぱり芸能人になったんだよ」
役者達が話しているのを脇で聞いていて、皆光恵のように感じているのだと安心した。


わたしが特別におかしいわけじゃない。
みんな、孝志との隔たりを感じてるんだ。


ゆうみは常に孝志と一緒にいる。頼れる人は孝志だけ、ということなのだろうか。光恵の心にあるもやもやとした何かは、あろうことか少しずつ大きくなってきている。


本当に、どうしたんだ、いったい。