戦争のとても強い国に、ひとりの少年兵がいました。



彼は国のため、たくさんの戦場に赴きました。



たくさん敵を殺した彼はとても強く、先輩や同輩がいなくなってからも、新兵たちと共に戦いました。



やがて彼の体に、無数の”心”が生まれました。




悲しみ、嫌悪、絶望、怒り、恐怖、そして殺意。



六つの感情に苦しみながらも、彼は戦い続けました。



来る日も来る日も、彼は真っ赤な世界に身を投じていました。



けれども彼はとうとう耐えきれなくなり、武器を捨てて戦場から逃げ出しました。




『もう苦しみたくない。誰も死なせたくない、傷つけたくないよ』




しかし、芽生えた暗い感情は延々と彼をいじめました。



彼は苦しみながら森をさ迷いました。



助けてくれるものは何もいません、だって殺人鬼の彼はひとりぼっちですから。



いつまでもいつまでも、彼はひとりで泣いていました。




めでたしめでたし











この作品のキーワード
修理屋  職人  刺繍屋    感情    おとぎ話 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。