深い山や険しい山に囲まれ、さらには鬱蒼と広がる森に覆われた『木の国』、リシャーナ。


この地へやってきた先代の人々は森を開拓し、材木として隣国などに売り、そこに街や村をつくって暮らし始めた。


森に多くの資源が眠っていたため、彼らは資材を提供する仕事をつくった。


鉄鋼や動物の骨、油、木材、宝石、糸などなど。


どれも品質は極めて高く、国外での人気は爆発的である。



また、豊かな材料をすぐに調達できるという利点から、多くの職人が生まれ、集い、発展していった。


彫刻師、人形技師、玩具職人、画家、ランプ職人、時計職人……


彼らの技量もまた並みのものではなく、やはり国の外から技師として雇いたいという声がやむことがない。


『木の国』であり、『資材の森』。


そして、『技師の宝庫』として注目されている国。



その南東に位置する街・ルースには、あらゆる職人が暮らしていた。


リシャーナを訪れた者や旅人が、必ずといっていいほど立ち寄る大きな街である。


国内の資材や物資だけでなく、国外からの流通も多い。



ただ、周囲の村と街、隣国の里との間はかなり距離があり、森が最も深いうえに道も険しいので、素人が簡単に訪れることのできる街ではなかった。




この作品のキーワード
修理屋  職人  刺繍屋    感情    おとぎ話 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。