職人の街に、気弱な少年がおりました。


へなちょこで臆病で意気地無し、おまけにすぐ泣くので、少年はいじめられていました。


特に年の近い仕掛け職人には、彼のつくった罠によくはめられて笑われていました。


それでも友達が欲しかった少年。


彼は北に広がる森の一角で、美しく光る友達をつくりました。


言葉の通じないその友達と、少年は毎日共に過ごしました。


ある日、少年の前から友達がいなくなってしまいました。


いつも一緒に行く場所も彼の家も探しましたが、どこにもいません。



『仕掛け職人のせいだ』



少年はすぐ、意地悪なあの職人を思いました。


けれど、またいじめられるのが怖くて聞けません。


でも寂しいのはもっと嫌なので、少年は友達を探しに行きました。


見つからず、おまけに帰り道も分からなくなった少年のもとに、不気味な怪物が現れ、少年をぱくりと食べてしまいました。


そこでようやく、彼は友達と再会します。



『良かったあ、これからはずっと一緒にいようね』



少年が泣くことは二度とありませんでした。




めでたしめでたし











この作品のキーワード
修理屋  職人  刺繍屋    感情    おとぎ話 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。