少年が『ニコ』となり、新たな主人を持ってから4ヶ月ほどが経過し、雪が舞う季節になった。


こんなに長い間同じ人と一緒にいるのは初めてだ。



ニコはすっかり、ティファニーの『家族』となって生活している。


最初にあったぎこちなさやほんの少しの気まずさ(お互いにではなくほとんどティファニーだったが)が嘘のようだ。


それくらい、2人の距離は縮まった。




ティファニーは買い出しや届け物で街に行くとき以外は、いつも家にいた。


家事を済ませ、少し庭をいじり、あとは読書(点字だ)をしたり頼まれた刺繍をつくったりして過ごしている。


訪ねてくる客をもてなすこともあるが、それも滅多にないことであった。


点字の読み方や刺繍、簡単な家事をティファニーに教わりながら、ニコは模倣で物をつくる練習をした。


いくら修理の腕が良くても、損傷の度合いが大きければ1から作り直す必要が出てくる。


それもできるようになろうと、ニコは毎日何かをつくっていた。



「だいぶ造るの早くなってきたね」



見えないながらも、ティファニーはニコの作業を褒めてくれた。


そのおかげもあってか、ニコの上達はとても早かった。




この作品のキーワード
修理屋  職人  刺繍屋    感情    おとぎ話 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。