多くの人々が訪れる街に、飾り職人の見習いがいました。


彼はいつもいっしょうけんめい。


ご飯を食べることも眠ることも忘れて、夢中で飾りを作ることもあります。


けれども、彼は見習いです。


お客さんに飾りを作ってもらいたいとお願いされ、満足してもらえるまでは、一人前とされませんでした。


作品を売ることも、お店を開くことも、一人前にならなければできません。


彼は楽しみに待っていましたが、なかなかお客は来ませんでした。


それもそのはずです。


彼の兄弟子が、すべて横取りしているのですから。


兄弟子は見習いをこき使いたくて、彼に仕事が舞い込まないようにしているのでした。



見習いは今日も修行をしています。


不満を抱えながらですが、兄弟子のお使いも、きちんとこなします。


一人前になりたくて、来る日も来る日も、見習いは仕事を待ち続けました。



奪われてばかりの依頼を、いつまでも待ちました。




めでたしめでたし











この作品のキーワード
修理屋  職人  刺繍屋    感情    おとぎ話 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。