セドナに髪留めを届けるため、少年はまだ空気の澄んでいる間に宿を出た。


途中まで、カーボたちと一緒に向かう。


やがて三叉路に差し掛かり、そこで少年は荷車から降りた。


カーボが身を乗り出す。



「じゃあ、ここでお別れだな、坊主」



他の狩人たちも顔を出した。


少年に握手を求める者もいる。



「また壊れるといけないんで、無理な走行は控えてくださいね。


あと、荷物の積みすぎもだめですよ」


「分かってる、分かってる。


それより、いいのか?本当にもらっちまって。


あれは坊主の取り分だぞ」


あれ、とは少年が仕留めた3頭のブルムのことだ。


旅費には困っていないと、宿を出る際に少年が譲ったのである。



「いいですよ、気にしないでください。


一人旅でお金をたくさん持っていると、厄介ごとの種にしかなりませんから」




この作品のキーワード
修理屋  職人  刺繍屋    感情    おとぎ話 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。