その夜の事は 鮮明に思い出せる



熱い身体と身体の激しい交差 そして煉瓦を叩く雨粒の水音



火照った頬を濡らす 女の涙



愛していると 幾度も囁き合い 何度も確かめ合った



彼女の吐息の甘さ



その身体の柔らかさ



今は、この記憶の中に・・・彼女の顔すらも -ない



すべては夢だった


・・・のだろうか・・・・



何もかもが、霧の中に在るようだ・・・



そして、俺は       化け物になる・・・

この作品のキーワード
ヴァンパイア  独占欲    すれ違い  大人  恋愛  ドキドキ  キュンキュン  切ない  俺様 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。