感情と言う糸はいつから絡まっていたのだろう

───幸せは私をより深い闇に落とした...


「つ~かまえた」


『私は裕美。一人の人間よ。』


「どこにいるんだ.....」


この作品のキーワード
若頭  女子高生  過去  執着  狂愛  溺愛  ヤクザ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。