* * *


「ふぁ……」

会社近くの交差点。

大きく開いた口に、わたしは慌てて手を当てた。恐る恐る周りを窺うと、知った顔はいなかったようでほっとする。

家を出てからもう何度めの欠伸だろう。頭は靄がかかったようにぼんやりしている。

「ふぁ……」

まただ。わたしは仕方なく会社を通り越した先のコンビニに入り、眠気覚ましのドリンクを買って一気に飲み干した。


ゆうべはほとんど眠れなかった。あんなことがあって、平気で眠れる筈がない。

難波さんはひとしきりキスをした後、何事もなかったように「また明日」と一言だけ言って帰っていった。

彼はどういう気持ちでわたしにキスをしたのか。

しばらく経って冷静に考えたら、単なる慰めのつもりだったのかもと思えてきた。


理由は、三つ。

家にあったメイク落とし。シングルじゃないベッド。そして……美杉さん。

ふわふわと、余韻に浸っているだけではいられない要素が多すぎる。