「……泣くときくらい、声をあげたら?」


突然後ろから声が聞こえて、飛び上がるほど驚いた。


それよりも……何よりも。


泣く姿を見られてしまった、という事実がショックで。


それも、見知った相手に。


ギシッと固まったままの私の背後で、ごそごそと何かが動く物音がした後。アクビらしき間の抜けた声が聞こえた。


「……た、た……高宮さん。どうしてここに?」

「ん~? 在庫チェックしてたら、眠くなって昼寝してた」


……仕事中に眠くなって昼寝って。どれだけフリーダムな人ですか!!


あまりに自由人な高宮さんのマイペースさに、涙なんてとっくに引っ込んでいった。


「そ、それより! 鍵を掛けられちゃ……って!!」


話してる最中に照明まで落とされ、真っ暗な世界になる。たぶん照明を管理してる事務所で大元を落としたんだろうけど。何も見えませんって!


「ん~そう? なら、アンタも寝たら? どうせ朝まで誰も気づかないだろうし」


高宮さんはそう言って寝転ぶ気配がしたけど。


私はそこまで順応性高くありませんってば!

この作品のキーワード
三角関係  御曹司  オフィスラブ  王子  地味子  イケメン  アラサー  同僚  偽り  秘密 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。