「きっと!俺、すずの所に、迎えに来るから!」





中学一年の時に親の事情で離れ離れにな


ってしまった幼なじみの彼。




それから一年半たった今でも私はアンタ


を思ってるよ。





「待ってるから!絶対に迎えに来てよ!」





「じゃあ待ってろよ!」





「うん!」





「「"またね"」」


貴方は覚えていますか?

あの日の約束を。


この作品のキーワード
約束  再会