この青空の下私は私はあのギラギラした

太陽を見上げた。


それは思ったよりも眩しくて目も開けていられないくらいだった。


手を伸ばしても届くわけなくて、

精一杯ジャンプして跳んでみてもあの太陽には届かない



まるで、君のよう・・・

目次

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。