クリスマスイヴ。


青木の部屋でカレーを掻き混ぜている。


6時に仕事を終わらせダッシュで買い物し、現在に至る。


時計を見れば7時40分。


青木、まだかな~。
もしかして、原田さんに捕まっちゃったかな?


なんか恥ずかしくて2人が付き合ってる事は言い出せてない。


カチャ、ドアが開く音がし青木の顔を見て


「おかえり」


台所から顔を出して言った。


「ただいま。う~ん、いい匂い」


台所に顔を覗かせた青木。


「出来たから、もう食べる?」


「うん、食べよっか?」


スーツから部屋着に着替え料理の前に座った。


「うまそ~。なんかご馳走だね、今日は」


青木のリクエストがカレーだった。テーブルには唐揚げ、サラダ、スープ、おつまみとして3品作った物が並ぶ。


「美味しいかわらないけど、どうぞ」


「いただきます」


手を合わせて言う青木。








この作品のキーワード
同期  再会  オトナ女子  オトナ男子