*****

歓迎会のあとの、土日を挟んだ月曜日。

朝一番に、部長から例の新人研修の話を聞かされた。
明日から、ご子息がいらっしゃるようだ。

だから! 言うの遅いってば!!


月曜日はいつも仕事が山のようにあって、午前中だけで体はもうグッタリ。

私だけじゃなくて、今目の前にいる沙織先輩もグッタリだ。


とりあえず、手っ取り早く二人で社食でランチを取ることにした。


「月曜日は、まだ体がついていかないわー。
って、佐那子も疲れてるね。」

「はい。もう帰れるもんなら帰りたいです。」


真夏の犬みたいにうなだれる私を見て、沙織先輩はウフフと笑いながらサンドイッチを頬張った。


「あ、佐那子さぁーん!」


私たちとは全く対照的に、元気な笑顔で近づいてくるのは、
同じ販売促進部の新人二人。

遥ちゃんと優子ちゃんだ。


この作品のキーワード
年の差  年下  オフィスラブ  溺愛  大人  御曹司  運命  OL  アラサー 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。