「ちょっと理貴!あんた夏休みだからってダラダラしすぎよ!」


夏休み14日目。


昼飯を食べ終えて、ソファーに寝転がりながら雑誌を読んでいると、呆れたようにそう言われた。


「宿題とかちゃんとやってるんでしょうね?」

「あー。やってるやってる」


なんて嘘だけど。


こんなくそ暑いのに、外になんか出る気にもならないし、かといって家で真面目に勉強するような性格でもない。


……というかもう、何も考えたくない。


「あ、そうだ。昨日ご近所さんにスイカ貰ったのよ。食べる?」

「んー……食う」


のっそりと起き上がり、はあ、とため息をつく。


これじゃただの引きこもりだな。




この作品のキーワード
切ない  すれ違い  転校  初恋