「起こしちゃった?」



うっすらと瞼が開き、有紗の長い睫毛が揺れる。



「どこ、行ってたの…?」


「学校、だよ。」


「…有紗、もう、お腹ペコペコだよ?」


「ごめんね、遅くなって。

すぐに用意するから、手を洗っておいで。」


「はーい。」


「ああ、有紗。」


「なにーっ。」



リビングの窓から差し込む光が逆光となって、有紗のブラウンの髪がキラキラと輝いている。



「有紗の携帯、持っておいで。」


「携帯……?」


「そっ、――――。

ちょっと、電話しよっか。」


「電話、――――?

誰に、電話するの……?」



ま、そうなるよね。


虚ろな瞳を潤ませて、ゆらゆらとした足取りで、有紗は僕のもとへ舞い戻る。



「言った通りにすればいいんだよ。
ちゃんと出来るかな?」


「言った通り……。」

この作品のキーワード
狂愛  ヤンデレ  独占欲  激甘  監禁  溺愛  依存  狂気  元カレ  嫉妬 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。