上司に『誰かいい子いないかね?』
と言われて まるで立候補するかのように
手を挙げたと言ううちの父親。


その気のないあたしに
無理やり『見合いをしろ』と言い
最後には
『頼むよ・・・会うだけ会って
断っていいから』
って・・・。


だからもちろん
断るつもりで 
釣り書き・写真など見ずに
会場へ・・・。



でも
そこに居たのは・・・


4年前に別れた元カレだったのだ。


『振りだけでもいいから
このまま結婚するということにしてくれないか?
自分が家の会社を継ぐまで』


どうしても姉の旦那に実家の会社を取られるのが嫌だから
とその条件を出したのだ。


「あたしなら後腐れなくて
好都合ってことね」


話し合って上
その条件を受けることに・・・
(半分は脅しだけどね)


彼は親に言えない恋人が居るらしい
彼の方も
あたしに恋人なんていないのに
居ると思い込んでいる。


勘違いだらけのあたしたち。。。


暮らしていく中で
昔を思い出し
彼の意外な優しさに
いつしかまた恋をしてしまった。



この先どうなるの?


ここで暮らすのは偽装のあたしじゃない
ホントの彼女でしょう?







この作品のキーワード
お見合い  元カレ  同棲  好き  嫉妬  失恋  結婚  婚約破棄 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。