私は社長で、彼は秘書。

だから秘書としての仕事に、彼なりに工夫を加えているだけ。それだけのことなのに、いちいちその言動を真に受けてしまうなんて。



『架代さんに“ありがとう”って言って貰えて、嬉しいです』



あの言葉に、特別な意味を求めてしまうなんて。私はなんて、バカなんだろう。





「資料1と2を両面コピーして、部屋に戻ったらまとめて……」



パーティの夜から数日が経った、いつもと変わらぬ平日の午後。コピー機のある五階のフロアへ降りてきた私は、手元の資料を見ながら一人確認するように呟き廊下を歩く。

けれど、心の中をめぐるのは先日のあの複雑な想いたちばかり。



……って、なんで日向のことなんて気にかけているの!私!

別に、日向と私の間にあるのは『仕事』という関係で当たり前だし、……私には、松嶋さんがいるし。

『また連絡します』と笑っていた彼の顔を思い浮かべながらも、やはりちらつくあの面影。



「……でねー、その時部長がこう言ってて、」

「あはは、それ本当ー?」

「……ん?」



すると、コピー機の置いてあるフロアの一室では、聞こえるなにやらにぎやかな声。

何事だろうと部屋を覗き込めば、コピー機を囲んでキャッキャと話す女子社員が二名と、日向の姿があった。



この作品のキーワード
秘書  社長  オトナ女子  イケメン  不器用 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。