季節は4月を迎えた。

4月最初の土曜日の夜、
「よし、片づいた」

安部さんは押し入れのドアを閉めた。

「何か変な感じだね。

こたつがなくなったのって」

上野さんはやれやれと言うように息を吐いた。

「でも温かくなったのに、こたつって言うのはおかしいと思いますよ」

あたしは返した。

たった今、あたしたちは冬の間お世話になっていたこたつを片づけたのだ。

3人で一緒にリビングに戻ると、
「ここって、こんなにも広かったか?」

上野さんはじゅうたんのうえに腰を下ろすと、テレビをつけた。

この作品のキーワード
雑貨屋  住み込み  三角関係  S様  寡黙  寵愛  溺愛  胸キュン  ドキドキ  甘々 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。