あたしが住み込みで働き始めて、今日で4日目を迎えた。

「おーっ、今日はたまご焼きか」

上野さんがたまご焼きを珍しそうに見つめた。

たまご焼きって、そんなに珍しいものだったかしら?

今日の朝ご飯は、ご飯とたまご焼きと小松菜のみそ汁である。

彼らよりも早起きしてご飯を作ることは苦ではない。

「あ、そうだ」

安部さんが思い出したと言うように言った。

「安部くん、どしたの?」

たまご焼きを口に入れた上野さんが聞いた。

「俺、週3だけどさ、さくらさんのところで働くことになったわ」

「えっ!?」

笑いながら言った安部さんに、あたしと上野さんは聞き返した。

この作品のキーワード
雑貨屋  住み込み  三角関係  S様  寡黙  寵愛  溺愛  胸キュン  ドキドキ  甘々 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。