買い物に出ているこの時間が、あたしの心と躰が安定する時間だと思う。

「何がやりたいのかしら、あの2人は…」

すきあらばあたしにやりたい放題、あたしに暴走し放題の2人にどう対応すればいいのかわからない。

相手は上司であり、同居人だ。

何かもう、1キロくらいは体重が落ちているのではないだろうか?

…ただ体重が落ちても胸は痩せないそうだけど。

今日の晩ご飯はピーマンの肉詰めとマカロニサラダと今朝作ったホウレン草のみそ汁にしようと思いながら、家路へ向かっていた時だった。

「あら?」

見覚えのある2人の姿に、あたしはとっさに電柱に身を隠した。

この作品のキーワード
雑貨屋  住み込み  三角関係  S様  寡黙  寵愛  溺愛  胸キュン  ドキドキ  甘々 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。