「桜が入院!?」




「うん……気になって桜の家に電話したら、おばさんが出てね……」




花火大会の次の日、突然マオからの電話。

昨日、花火が終わった後、私はダイが見付かったと急いでマオに電話をした。

私と陽介がダイを探している間、桜の具合いが急に悪くなり、帰ることになったという……。

そのことを伝えようと、何度も私に電話をくれていた。






そして今日、桜が入院したという電話。







「じゃあ、私これから病院行ってみるよ。
マオはバイトだもんね」



今日私はコンビニバイトは休み。

桜の入院先は、かかりつけの病院だとマオから聞いて行くことにした。





「ごめんね……急には休めないからさぁ……。
すぐに家出なきゃいけないし」



「大丈夫、また夜にでも報告するよ」




「うん、よろしく。
陽介には連絡したけど、ダイにはしてないんだ。多分知ってると思って。
陽介も後で病院行くって言ってた」




「じゃあ向こうで会うかもね」







この作品のキーワード
泣ける  切ない  病気  ピアノ  バイト  友達  初恋  純愛  復讐   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。