PM3:30

かいんどりぃ。




いつもの窓際の席に3人。

私は空を眺めた。

毎日降り続く雨、憂鬱になる……。

これだから梅雨は嫌いだよ。
自分の誕生日が梅雨だなんて、親を呪うね、まったく……。







「そうだ!ねーねー聞いてよ!
一昨日の夜中、コンビニにクレームがあったんだって。
年配のおばさんらしいんだけど、昼間に買い物して、お釣りの20円返してもらってないって電話があったんだって」




「20円!?」




「そう20円!
店長がビデオチェックして確認したら、ちゃんと20円返してるんだって。
そのこと、そのおばさんに伝えたらしいんだけど、そのおばさん何て言ったと思う?」






「えー?なになに?」


マオが身を乗り出し聞いてきた。





「『たかが20円でビデオチェックしたのか』だって」





「はー!?
たかが20円でクレームつけてきたのはそっちじゃん!
しかもさ、昼間に買い物して、夜中にクレームって何?なんでその時に気付かないの?
おかしいんじゃない、その人ー」



「でしょー!?」



この作品のキーワード
泣ける  切ない  病気  ピアノ  バイト  友達  初恋  純愛  復讐   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。