予鈴が鳴りだした。
屋上に居る人達が、少しずつここをあとにする。
私も本当はまだこの心地いい感覚の中にいたかったけれど、その未練を振りきり起き上がった。

「泉。先に行くね」

寝転がって、目を閉じたままの泉へ声を掛けて立ち上がる。
けれど、反応はなし。

もしかして、寝てる?

しゃがみこみ顔を覗き込めば、規則正しい寝息が聞こえてきた。

こんなにいいお天気だもんね。
眠くなるのも頷ける。

普段、じっくりと見ることなどない泉の顔を、眠っているのをいいことにマジマジと観察してみた。

小ぶりで整った輪郭に長い睫。
風にそよぐ黒髪に、ちらりと覗く耳のピアス。
確かに、黙っていればモテる顔つきだよね。

顔を覗き込んだまま、泉の頬を人差し指でぷにぷにと突いてみる。
案外柔らかな頬をしている。

「ちょっと気持ちいいかも」

その感触が少し癖になり、近くにしゃがみこんだままぷにぷにと何度も頬に指をさす。
すこし続けていると、突かれた感触に、う、んん……。と声を漏らし、泉の瞼がようやく持ち上がった。

「私、もう行くけど」

いつも通り、あまり抑揚のない声で泉へ言うと、寝ぼけた瞳がまだぼんやりとしている。

「へっ。もう?」
「だって、もう予鈴鳴ったよ」
「えっ?! マジでっ? 俺、次体育なのに。ヤベー、早く着替えねーとっ!!」

急に慌てて起き上がると、お弁当箱を引っつかむ。

「ごめんっ。先行くっ!」

焦った声で叫んだと思ったら、突風の如く私の前から走り去っていった。

……何、あれ?

そんな泉の後ろ姿を、呆気にとられ見送った。