「麻帆~お疲れ!」

「未希!」

休憩時間を迎え、財布片手にブライダル企画課のオフィスを出ると、そこには同期の川井未希の姿があった。
私の姿を見つけると可愛らしい笑顔で大きく手を振っては、駆け寄ってくる。
フワフワのパーマがかかったロングヘアを後ろでひとつにまとめ、好印象を与えるメイクを施し、私より十センチも小さい百五十二センチの身体で走って来られたら、間違いなく私が男だったら抱きしめていたと思う。

「もしかして未希も休憩に上がれるの?」

駆け寄ってきた未希に尋ねると、満面の笑みで答えた。

「珍しいでしょ?これはぜひとも麻帆と一緒にランチ行かなくちゃって思って、張っていたの」

“張っていた”なんて言葉を使うところが、未希らしい。
未希は見た目通りの可愛らしい性格をしていて、どこか憎めない。
それにこの笑顔!癒されちゃうんだよね。

「じゃあせっかく未希に張ってもらっていたわけだし、一緒にランチ行きますか」

「行きましょう行きましょう!」

ふたりで顔を見合わせてはクスッと笑みを漏らし、早速ランチへと向かう。

この作品のキーワード
上司  オフィスラブ  潔癖性  片思い  OL  男目線  失恋  課長 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。