「うそ・・・人が光ってる」

「まさか、お前、今の俺が見えるのか?」



県立高校 一年 須田 朱里



いつも行く山の上神社の境内

そこで見たのは、キラキラキラキラと光る人



ソイツは

「お前、俺を手伝え」

かなり強引で

「チッ、失敗したな」

ちょっと、ドジで

「バカか!お前は、俺の言うことだけ聞いときゃいいんだよ!」

とっても口の悪い天使さまなのでした




剣道の腕を見込まれて

天使の助手に任命されてしまい

天界からの落とし物

“精玉探し”

を手伝うことになった



人使いが荒くて

恋人のふりまでさせられて

早く天界に帰って欲しいと願う


けど―――




☆☆レビューありがとうございます☆☆

夏目琴葉様
氷川真紗兎様








この作品のキーワード
ファンタジー  眼鏡男子  剣道女子  無愛想  初恋    勇気  初キス  パープル15 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。