お局を怒らせると怖い。
 それは、秘書室の人間なら誰でも知っている。
 だが、怒らせてしまう馬鹿な人間もいる。
 それは他の誰でもない私だ。
 私、早瀬瑠璃は三日前に社長秘書の逆鱗に触れ、海外企画室に今日12月24日付けで季節はずれの異動となった。

      ★

 そのオフィスの存在は今月まで知らなかった。

 身分証のカードを何度かざしてもその扉は一向に開く気配はない。

 扉を叩き壊したい気分だった。

「これじゃ早く来た意味ないじゃない」

 思わず溜め息が出る。

 始業時間より1時間も早く来たせいか、オフィスの中に人のいる気配もしない。

「こんなことなら早起きしなきゃよかった」

 仕方なく壁にもたれかかって誰か来るのを待つことにした。

この作品のキーワード
秘書  上司  幼なじみ  腹黒  鬼畜  イケメン 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。