普段は鬼畜な悪魔のくせに、なぜ彼はこんなにも温かいのだろう。

 それに彼の腕の中はとても安心する。

「お前はキレイだ。俺にそう思わせるのは世界でたった1人、お前だけだよ、瑠璃」

 誉が優しく囁く。

「愛してる」

 彼の言葉に涙が溢れた。

 誉はいつだって私に甘いものをくれるのだ。

 あの苺キャンディみたいに私の大好きなものを。

この作品のキーワード
秘書  上司  幼なじみ  腹黒  鬼畜  イケメン