その先にあるミットに投げる


サインを信じて、リードを信じて、投げる


だからもう一度、そこに座ってくれよ


他の誰かじゃいやだ



おれは、おまえに向かって投げたいんだ




高校球児ストーリー