シャワーを浴び終えた私は、藍前がいるダイニングキッチンの方へと歩いて行った。
藍前は、アイランドキッチンのカウンター越しに立ち、液が入ったボウルを持って、シャカシャカ混ぜている。

「早かったですね」
「体洗っただけだからね。家帰ったらお風呂入る」と私は言いながら、ダイニングチェアに座った。

藍前が良く見える、3年前と同じ場所に。


慣れた手つきだ。
藍前(こいつ)、料理できる。

それから私は、ダイニングキッチンの周囲を、キョロキョロと見渡した。

料理だけじゃなくて、掃除もできてるし、家の中はきれいに片づいてる。
これだといつ誰が来ても熱烈歓迎だよね。




藍前が作ってくれたフレンチトーストは、3年前同様、とてもおいしかった。

「おいしいですか?」
「うんっ」

藍前は左手で頬杖をついて私を見ていた。
銀縁メガネの向こうにある目は、ニコニコ笑顔で細められている。

何か、藍前の笑顔見ると、私まで嬉しくなる。
そう認めるのは何となく癪だと思った私は、「なによ」とぶっきらぼうに言った。

「新城先生って、痩せの大食いタイプですよね」
「おいしいものを適量に食べるタイプと言いなさい」と私が言うと、藍前はハハハと笑った。

「なるほど・・・。とにかく、新城先生ってすごくおいしそうに食べてくれるから、僕も作り甲斐があります」
「あんたの彼女はそうじゃないわけ?」
「あー・・・・・・まぁ、時には」

言葉を濁して苦笑を浮かべる藍前を見て、私は「しまった」と思った。
ほんの30分ほど前に「あんたの精子を提供して」と頼んだ相手に、彼女のネタをふるのはフェアじゃない。

「ごめん」
「・・・いえ。あの、新城先生」
「なに」
「さっきのことだけど」

きたっ!
思わず挑むような上目づかいで、ハンサムな藍前の顔を睨み見た。

「相手が僕でもそうじゃなくても、とにかく・・・もしそれで妊娠したら、新城先生はそれからどうするつもりなんですか?」
「どうって・・・まだはっきり決めてない・・・」
「それで僕にあんな頼み事してきたんですか!」
「いいじゃないの!大体、精子がなきゃ私は妊娠することすらできないんだから、これは第一ステップと言えるでしょ!それに私はあんたにしか頼んでないし、あんた以外の男に頼むつもりはない!・・・今のところは」

私たちはテーブルを挟んで、お互い睨み合っていた。
最初に深ーいため息をついたのは、もちろん藍前だった。

「ねえ、ちとせさん」
「なによっ」
「いろいろな順序が逆でしょう?」
「どこが」
「たとえばその・・・結婚する、とか・・・」
「はあ?結婚なんてしないわよ」
「じゃあ子どもは・・・」
「私が育てるに決まってるでしょ。当然仕事量は減らすわよ。何だったら医者辞めてもいい。いっそのこと田舎に引っ越そうかな。自然が多くて空気がおいしいところで、のびのびと育てたいし」

藍前は唖然とした顔で私を見ると、両手で頭を抱えた。

「なんかもう、順序逆っていうより、滅茶苦茶だ・・・念のために聞くけど。ちとせさん、相手に子どものこと言うつもりあるんですか?」
「そりゃあるわよ。子どもには父親のこと聞かれたら、答えたいと思ってるし。そうなるとやっぱ見知った相手の方がいいじゃない?でも言うだけだから安心して。育児に協力してもらおうとか、子どもや私に関わらせようとか全然思ってないから」
「・・・それで“精子を提供して”なんだ」
「うん。あ、もしかして報酬が必要?」

双子の兄は超人気ロックバンドのギタリストで、両親は会社の経営してて、親戚は政治家揃いの藍前(こいつ)は、医者の家系及び病院経営をしている私(うち)同様、お金には困っていないビリオネアだから、報酬のことまで考えてなかったけど、大事な精子を提供してもらうんだから、対価を払うことは必要よね。
相手によって求めてくる額は違うだろうけど・・・。

「・・・だ」
「は?」
「僕は嫌だ!」

顔を上げて叫ぶようにそう言った藍前は、真剣な面持ちだった。
こんなにマジなオーラ出してる藍前・・・初めて見たかも。

「自分に子どもがいると分かっていながら、その子に全然関われないなんて・・・僕はそんなことしたくないです。それに僕は、彼女がいながら他の女性に“精子を提供”したくない。仮に僕以外の男がちとせさんの相手になってしまったとしても、そいつにも僕と同じモラルがあってほしいです」
「そりゃ・・・既婚者とか婚約済者とか彼女がいる男は、最初から外してるわよ。あんたのことはその・・・噂でしか知らなかったし。どっちにしても、ラブラブとは程遠い関係だと思ってたから・・・」

藍前を怒らせてしまった。
自責の念に駆られてしまう。
こうなるんだったら、こいつに頼まなきゃよかった。
でも・・・それでも子どもの父親は、藍前以外考えられない。

不覚にも泣きそうになってしまった私は、咄嗟にうつむいた。

「ごめ・・・」
「まずはお互いのことを知ることから始めませんか」
「・・・・・・え」

思わず顔を上げると、藍前のニッコリ笑顔が見えた。
それだけで私の頭の中を占めていた自責の念が、どこかへぶっ飛んでくれた。
こいつを怒らせなくて・・・よかった。

「子どものことは、それから考えましょう」
「で、でもあんた、彼女・・・宮本以外にもいるんじゃないの?」
「いませんよっ!まったく・・・僕は複数の女性とつき合えるほど器用じゃないし、そこまで絶倫でもないです!」
「でも宮本(カノジョ)いるのに私としたじゃない」と私が言うと、藍前はグッと言葉を詰まらせた。

「そ・・彼女とは、先週初めてそこまで進展して・・・だからそれ以来ご無沙汰でした!それに、宮本さんとは別れるしかないでしょ」
「あっちに本命いるから?」
「うん」
「宮本本人に確認してないのに、私が言うこと信じるの?」
「・・・残念ながら」

渋々認めてやるといった風の藍前の顔がおかしくて、悪いとは思いつつ、ついクスクス笑ってしまった。
でも、藍前も一緒に笑っていたので、あいつも気にしてないんだろう。
ホッとした。


「ちとせさん」
「はいー?」
「そういうわけだから、他の男に“精子提供して”って頼むのはダメですよ」
「え?ああそりゃー・・・うん、分かったけど、“そういうわけ”ってどういうわけ?」と私が聞くと、藍前はまた唖然とした顔で私を見た。

「・・・つき合うんでしょ、僕たち」
「・・・なんでそーなるの」

分からん、こいつの思考回路が。

「“お互いのことをもっと知る”って、そういうことでしょ!」
「えーっ!そーなのー?」
「・・・少なくとも僕は、そのつもりで言ったんだけど」
「で、でもあんたのこと、10年近く前から知ってんのにさー、なんか今更って感じがしな・・・」
「じゃあ精子の提供はしません」
「な・・・」
「絶対に。ここは僕、譲れないよ」

ぐ。
藍前がこういう顔してるときは、絶対考えを曲げないと私は知っている。
こいつ、意外と頑固だし。

ぐぐぐ・・・・・・困った。
今のところ、藍前以上に好条件の男はいないし、今後見つかる当てもない。

今度は私が渋々認めてやるといった顔をして、「分かった」とつぶやいた。














「上がってく?」
「いえ、結構です。たぶん一杯ごちそうになる前に、片づけすることになりそうだから」

・・・今まで一度もうちに来たことないくせに。
よく分かってるじゃないの。

うちの中が「少々」散らかってると見透かされたことは癪だけど、藍前が先読みして断ってくれたことに、ひとまず感謝しよう。
じゃなきゃ、こいつをまたこき使うハメになってたから。

私はいたって平静なフリをしつつ、「あらそ」と言った。
隣をチラ見すると、藍前は笑いをこらえている。

ばれてる。やっぱり癪だ。

「じゃ。送ってくれてありがと」
「どういたしまして」
「あ。藍前」
「はい?」
「家に着いたら私に連絡しなさいよ」
「・・・なんで」
「無事に着いたかどうか気になるからに決まってるじゃないの。こういうの、彼と彼女の関係ならする・・・もんでしょ」

じーっと藍前に見られたせいか、最後は自信なさげな口調になってしまった。

藍前に家まで送ってもらったのは、今日が二度目で、3年前の初回は、そんなこと言わなかったし。
ちょっと彼女ヅラしすぎたかな・・・しまった。

内心狼狽えてる私に、藍前はいつもの口調で「メールします」と言った。

「あ・・・・・・うん」
「じゃ、今からスーパー行ってきます」
「あぁうん。行ってらっしゃい」

藍前の車が見えなくなると、私はマンションのエントランスへ入っていった。

この作品のキーワード
職場恋愛  年上の彼女  家事上手な彼  おもしろい  ときめき  ハッピー 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。