美味しい夕食を食べ終え 部屋に戻ろうとしたら 数人の男の人が目の前に現れた


「今からカラオケしない?」


名前もわからない人達に言われ 困惑する
でも 東城さんが部屋で待っていろと言われたから断らなきゃ



「すみません。行けないです。」



「少しぐらい良いだろ?」



何度も言われ困って居ると 橋川さんが来てくれた


「先約があるんだって。邪魔しないであげて。」


笑顔で助けてくれた橋川さん
この人は頼りになる



この作品のキーワード
オフィスラブ  強引  意地悪  野獣  上司  大人 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。