「……と、……たの!?」














誰かの声が聞こえる。


遠くから、私の身体を揺すりながら。


もう朝? ママが私を起こすなんて珍しい。











「留美子!! 起きてよ!」












耳が引っ張られるような感覚の後、鼓膜が破れそうなほどの大音量に、私は思わず飛び起きた。


「な、何よいったい!? うるさいっての!」


辺りを見回してみると……そこは学校の大職員室前で、世界がヒビ割れた、あの記憶の断片と同じ場所。


「何じゃないよ! 武司も留美子も急に倒れてさ! 全然起きないんだから!」


そう言って私を心配そうにのぞき込んでいるのは……明日香さん。


「何で明日香さんがここに……そうだ! 龍平は!? 『呪い』は……」


どうも記憶がはっきりしない。


私は美紗の家の地下室で、壷の中に心臓を入れて……もしかして、元の世界に戻ったわけ?


「な、何で“さん”付けなの? 倒れた時に頭でも打った?」


「そうだぜ留美子。お前、何言ってるんだ? 龍平って誰だよ」

この作品のキーワード
カラダ探し  ホラー  高校生  呪い  赤い人    切ない  恋愛  恐怖  学校 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。