私を見下ろして、4人が優しく笑いかけてくれる。


会えないと思ってたのに……なんだ、皆いるじゃない。


「ほら、あの光が見える? 森崎さん達が、終わらせてくれたのよ」


美紗が指差した空……星空に向かって伸びる一筋の光を見つめて、私は小さくうなずいた。


「留美子、頑張ったね」


「ありがとうね、お兄ちゃんを恨まないでくれて」


あゆみも美雪も、今さらそんな事、言わなくても良いよ。













そして龍平……。


「ほら、立てよ。いつまでそんな所にいるつもりだよ」


また、私に手を差し伸べてくれるんだね。


せっかく龍平と手をつなげるのに……もう手を動かす力もないよ。


「皆……ありがとう。私なんかを信じてくれて。わがままで自分勝手だったよね……」


そう言おうと、口をパクパクさせている間にも、空間のヒビが大きくなって……ボロボロと崩れ落ちている。


ああ……美紀と美子の「呪い」で歪んでいた世界が、これでようやく終わるんだ。












皆とまた……会えると良いな。


たとえそれが、誰かの意識の中でも。













最後の最後で、差し出された龍平の手に、ついに触れる事ができずに。









11月28日20時12分。


私の命の火は消えた。







この作品のキーワード
カラダ探し  ホラー  高校生  呪い  赤い人    切ない  恋愛  恐怖  学校