……小学生の頃、私は友達とは違う世界を思い描いていた。





4歳の時に両親が離婚して、ママの実家に戻って、厳しいお婆ちゃんと一緒に過ごす事が多くなった私はそれが嫌で。


人には、それぞれが考える世界があって、今の世界ではないどこかには、両親が仲良く暮らしている世界があるんじゃないかって。


だから、夢で見るのも、そんな世界の中のひとつ。


どんなに不思議な夢でも、私の意識だけが別の世界の私の所に飛んで行って、少しだけその世界を体験しているんだと考えると、眠る事が大好きになった。


それを作文の時間に書いて発表したら、皆にバカにされたけど、何人かは真面目に話を聞いてくれた。


ああ、この人達も私と同じ事を考えているのかなと思うと、自信が持てた事を覚えている。


そんな私の小学時代は地味な物だった。


学校でも家でも、友達と遊ぶ事がなくて、ひとりでぼんやりと過ごしてばかり。


好きな人もいなかったけど、私なんかを好きになる人なんていないと思っていたから、誰も好きにならなかっただけかもしれない。


中学生になると、私は少し変わった。


それまで別々の小学校に通っていた人達が、中学校で一緒になるから。

この作品のキーワード
カラダ探し  ホラー  高校生  呪い  赤い人    切ない  恋愛  恐怖  学校 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。