そこで出会ったのは二見結子。


いつもニコニコしていて、私の話も笑わずに聞いてくれて。


私も結子の話を聞いて、世界を広げた。


おしゃれをする事を覚え、誰に何を言われても、自分の考えを曲げない強さを身に付けて。


でも、私自信の考えがしっかりしていないせいか、ひんぱんにコロコロ変わっていたけど。


そんな結子が、突然私と一緒に行動しなくなり、仕方なく私は別の女の子と遊ぶようになった。


その理由はすぐに分かった。


結子には彼氏ができて、いつもベタベタするのに私が邪魔だったのだ。


そう思ってしまった私は、すごく単純に結子を嫌いになって、そこから話をする事もなくなった。


だけど、結子が広げた世界は残っていて、そこがすごく居心地が良くて。


心のどこかで、私は結子が戻って来るのを待っていたのかもしれない。


だけど、私がいくら待っていても、結子は戻って来る事はなかった。

この作品のキーワード
カラダ探し  ホラー  高校生  呪い  赤い人    切ない  恋愛  恐怖  学校