皆様お久しぶりです。


ウェルザードです。


この物語、留美子編はここで終わります。


小野山邸に向かった明日香達はどうなったのか、どうして明日香と遥が美子の棺桶に赤い服を入れていたのか。


それは、最後の作品で語られます。


まあ……書籍化が決まればの話ですけどね(笑)


この作品を書く時に、留美子編ともう一つの話を書こうと決めていました。


つまり、次の作品と第三夜で第二夜の、カラダ探しが終わってからの話が完結すると考えてください。


まだ完結編の半分。


足りないもう半分を公開出来る事を、今から祈っています。


最後の作品が書籍化する(?)頃には、別の事を発表出来るかもしれませんし。


とうとう3/4が終わりましたね。


去年の今頃、カラダ探しの記念すべき一冊目が出て、あっと言う間に一年が経ってしまいました。


本編はもう、別サイトで完結していますが、この設定だとスピンオフなんかがまだまだ作れそうですね。


……なんて考えたりして。


カラダ探しはね、結構頭使うんですよ。


特に今作なんかは、6個×5人の大量のカラダ探しでしょ?


どこにカラダを配置して、どう動かすか……。


校内放送の声の主は僕だったかもしれませんね(笑)


だって、行かせたくない所や、主人公達を誘導する為に赤い人を移動させたんですから。


書いてて半分くらいで後悔しました。


でもまあ、上手く終わって良かったです。


では、またお会い出来る事を願って。


ここまで読んでくださってありがとうございました。


これからも応援よろしくお願いします。


この作品のキーワード
カラダ探し  ホラー  高校生  呪い  赤い人    切ない  恋愛  恐怖  学校 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。